.ミュージックセラピスト演習評価

編集 笠嶋道子 吉川武彦

定価2,100円(本体2,000円+税5%)


目次

評価演習について
アセスメントについて

第1章 評価項目内用の解説
1. プログラミングするちから
2. 対象者を理解するちから
3. 場に合った選曲をするちから
4. 伴奏するちから
5. 言葉を伝えるちから
6. 対象者とコミュニケーションするちから
7. 対象者の反応をみるちから
8. 問題が起きたときに処理できるちから
9. フィードバックできるちから
10. 音楽療法を仕事として進めるちから

第2章 演習評価表・評価基準
1. ミュージックセラピスト演習100点評価表
2. ミュージックセラピスト演習谷本式評価表・評価基準
3. ミュージックセラピスト演習評価表
4. ミュージックセラピスト演習評価事例
採点表の使い方について
ミュージックセラピスト演習評価採点表

第3章 ミュージックセラピストにチャレンジするひとびと
フ・アン夫人の場合
こりゃ難男さんの場合
「バンブーオーケストラ」の始まり
「はりきりはりこ」さん
セラピストの強い思いが…
精神科の場合
マイクの不思議
オーケストラのバイオリンおじさん
なかよしコンサートを振り返って

第4章 アセスメント表
1. 児童アセスメント
2. 精神科アセスメント
3. 知的障害者アセスメント
4. 高齢者アセスメント

第5章 通常セッションで使われている楽譜

ミュージックセラピスト協会のお知らせ
あとがき


                                                  戻る