ミュージックセラピスト協会のセミナーとは

ミュージックセラピー協会では、各地域でセミナーを開きます。
地区役員が企画します。

ミュージックセラピストは音楽治療者です。

ミュージックサポーターは音楽援助者であり、セラピストのアシスタントではありません。



             ミュージックサポーター セミナー内容

必修科目
・音楽療法概論
・医学心理学概論
・福祉概論
・高齢者

・精神科
・児童
の各分野の講義をします。

これは全部で30時間の受講を定めています。


技法科目
セッション技術・セッション練習などの、実際に必要な技法です
・高齢者
・知的障害児者
・精神科の技法
・三味線
・民謡
などの選択科目を、勉強会として行います。


個人音楽技術
これは個人差があるので、それぞれの技量に合わせて、個人修得となりますが、音楽療法に必要なキーボード演奏技術・歌唱・あるいは即興などとなります。
これは時間数を決めてはいません。音楽療法士の講師の指導を受けることが大切です。


実習科目
これは、10回の実習回数を定めました。
・見学
・アシスタント
・リーダー
などを含めています


認定
以上の研修を終了した段階で、サポーター認定の現場実技試験を受験し、合格するとミュージックサポーター、ミュージックセラピストの認定をします。
修了書、または、各段階の研修終了者には筆記試験の後、レベル別修了書をだします。


ミュージックセラピストについて
ミュージックセラピストは、サポーターの認定者が3年の実体験の後、臨床レポートを提出し、面接受験の後認定します。
また3年以上の音楽療法士育成校出身者はレポート提出と面接の後、認定します。


セミナーでは、教科書に「音楽療法」(ミュージックセラピスト協会役員執筆、平成21年2月28日出版)を使用します。


 くわしくは、こちらをご覧ください。






このセミナーは、現役音楽療法士が指導する現場重視のセミナーです。

会員が受講する場合、費用は基本的に1時間あたり、およそ1000円です。
非会員の場合は、1時間あたり、およそ1200円となります。